マイコー現る

適当なのに憎めない人っていますよね。今日会ったマイケルがそんな人でした。

彼は不動産屋のインスペクション担当なんですが、K-1に出れそうなくらいがっしりとした体と甘いマスクでかなりのイケメンです。昨日事務所で彼と、今日の朝11時にインスペクション物件の前で待ち合わせと約束していたので待ってました。

約束の11時、想像してましたがやっぱり来ません。まあ、オーストラリアだから、と待ってました。

10分経っても来ません。

うちの妻は『これくらいは普通なんじゃない?』と平気な顔してたんですが、私は我慢できなくなって電話してみました。そしたらやっぱり『忘れてた』と。『すぐ行く』と言って電話が切れました。

さらに10分後、遠くから、スーツのでかい男が向かってきます。携帯で話しながら。もちろんマイケルです。なんと堂々としてるんでしょう。

ついに目の前にやってきて『携帯きるかな』と思いきゃそのまま首をクイッとアパートの方へ向けて『ついてこい』と。エレベータでやっと電話を切って『ゴメンゴメン』と言ってます。『昨日クレイジーなほど忙しくてメモをカレンダーに写し忘れたんだ』と言ってました。

ほんと適当な男です。インスペクションが終わって、『これ、アプリケーションフォーム。気に入ったら記入して。じゃ!』と、それはもうさっぱりと帰っていきます。売り込む気は全く無さそうです。

なんか憎めない男でした。遅刻しているのにも関わらずあの堂々とした登場シーンは忘れられません。こんな人が多いのかもしれませんね。あのふてぶてしさと適当さは見習うところがあります。

家はもうじき決まりそうです。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-10-25 21:25 | オーストラリア生活


<< お湯に関する質問 Brunswick >>