AMEP(その2)

今日朝からAMESで説明会に参加してきました。

説明会はSPMP(Skilled Proffessional Migrants Program)についてで、これは専門スキルをもっているけどなかなか就職できない人のための就職活動テクニックを教えてくれる講座です。2週間で1500ドル。聞いた感じではすごくためになりそうです。出来るだけ自分の専門スキルを絞り込んで求職すること。もっとも重要とされるローカルエキスペリエンスが得られる機会を与えてくれる場の提供。履歴書の書き方等。

でもやっぱり思ったのが、この講座を受ける前に基礎英語力のアップが必要ということです。例えこの講座が優れていてもそれを吸収する能力が足りなさそうです。もう少し英語に自信がついたときに受講を考えます。

この説明会のあと、AMEPの面接があると聞いていたのでレセプションへ行くと、やはり136スキルドインディペンデントビザでは無料のイングリッシュクラスは受けれないと言われました(jozさんの言われるとおりです)。で誰が受けれるか聞くと、他のクラスの人だそうです。一緒に来た子供とか難民とか。そうなると正規の価格で授業を受けるしかないのですが、それでも安い。1時間1.31ドル。半年受けても最大で380ドル(たしか)。

でも問題は次のタームは来年の1月末からということです。しかもすでに満員で予約者リストに入ることになりました。今から約3ヶ月ただこのクラスを待つわけにはいかないので何か代替案を考えています。

地元のショートコースで結構イングリッシュがあるようなので明日聞いてみようと思います。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-09 22:11 | オーストラリア生活


<< 語学学校VLLC 祝電話開通とインターネット事情 >>