Collingwood Neighbourhood House

今日は先日書いたCollingwoodのNeighbourhood Houseへ行ってきました。

Collingwoodは電車の駅があるので電車で行きました。電車は初だったんですが、なかなか快適です。時間にはかなり正確だし、車両も綺麗でした。なによりスピードが速いのが気持ちよかったです。ただハエが多かったですが。

ところで、そのNeighbourhood Houseですが、想像していた通りの雰囲気でした。日本のコミセンみたいなところです。建物の内装はバックパッカーみたいな感じで、ソファーがあって、キッチンがあって、そして奥に大きな部屋があり、その中でEnglishのクラスが開かれてました。簡単な手続きをしてその大部屋に入ると、座っていたのは全員アジア人でした。20人くらい。先生(白人。おばあさん。)の話で、全員中国本土から来た人だとわかりました。中国人はほんとに多いですね。でも中国人の多さよりも彼らが全然英語がしゃべれないことに驚きました。こっちに来て、自分より英語が出来ない人っているのかな?と疑問に思ってたんですが、居ましたね。クラスの内容も超ビギナーでした。『最も好きな色は?』とか『最も好きな場所は?』とか。久しぶりの授業は面白かったんですが、少し簡単すぎました。先生も、私達には向いていないから図書館とかで探しなさいと言ってました。

残念でしたが、ここのハウスは通えなさそうです。レベルの設定をしているEnglishクラスのあるNeighbourhood Houseもあるようなのでもう少し当ってみようと思います。

d0007182_19475048.jpg

最寄駅です。かなり近代的ですね。
d0007182_1950024.jpg

電車の中はこんな感じです。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-14 19:53 | オーストラリア生活


<< 休み突入直前 IELTSの点数と実際の英語力 >>