ジョブインタビュー

急な展開で今日ジョブインタビューを受けました。というのも昨晩何気なく仕事検索サイトを見ていて見つけた人材紹介会社へ送ったCVに対して『大変興味がある』と電話があったからです。正直返事すらないだろうと思っていたのでちょっとびっくりしました。

約束の3時にセントキルダロード沿いのオフィスへ行き、電話をくれたローレン(女性)と面接しました。自分の英語のまずさから、いつ『あなたの英語ではちょっと。。。』という言葉が出るのか冷や冷やしながら面接を受けたんですが、最後までその言葉が出てきませんでした。しかも、私の専門である『橋梁技術者』は、メルボルンにあまり居ないので、会社が欲しがる職種だそうです。面接後、夕方にでも、『橋梁技術者』を欲しがっている会社のリストを送るので、その中から気に入ったのを選んでくれれば、その会社と面接の段取りを付けると。そして、明日また電話すると言って帰って来ました。話が出来すぎなので、逆に不安です。実際、今日の夕方にリストは届きませんでした。なんででしょうか。聞き間違えでしょうか。明日わかります。

それともう一つ、先日ちょこっと書いた、ドアのペンキの塗り替えの日でした。当初2人で家に居るつもりだったのですが、私が面接に行ったのでミキが一人で留守番でした。ミキの話では、ビルダーのおっさんペンキを塗った後ドアを開けっ放しにして乾かすと言い出したらしく、一日部屋丸見え状態で居る羽目になったようです。意外に部屋の前を人が通るらしく、『ハロー!』『ハイ!』ってめんどくさかったみたいです。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-16 19:36 | オーストラリア生活


<< ジョブインタビュー(その2) 休み突入直前 >>