面接対策

昨日の晩から面接の対策を始めました。聞かれそうな質問とその回答の用意です。

そして、今日kennyさんが素晴らしいTipsと質問例を教えて下さいました。本文の方でも紹介しておきます。kennyさん本当に有難うございます。

よくある質問は、
1. なぜ豪州に移住してきたのか?
2.今までの会社の退職理由 (転職回数は正当な理由があれば、全く問題になりません。多い人は、他から引き抜かれたのか?との質問が出ることがあります。その場合はそうと言っといた方が評価が上がる)
3. 自分のキャリアの売りの部分の説明
4. 今まででの最大の実績の説明
5. 今までで、仕事で大失敗したこと、及びどのように解決したか
6. マネージメント経験
7. 小さい組織、大きい組織それそれの長所、短所
8. どうやって(その会社に)貢献できるか?
9. プレッシャーに耐えられるか?
10.学校の成績
11.チームワークで仕事を進めることができるか?

などです。
候補者と面接側が対等であろうと努力する場所なので、日本の面接とはちょっと違ったリラックスムードで行われます。「何を飲む?」ってまず聞かれますよ多分。足を組んでも全然大丈夫です。
また、業界によって違うかもしれませんが、金融以外はスーツで面接を受けなくてもいいような気がします。私はITですが、ソフトカジュアル程度でした。


また、これは重要ですが、年俸の話は先方が切り出すまで絶対にしないこと。自分からいくら欲しいとは言わないこと。これをやると確実に落ちます。

先方が年俸の話をしてきた場合には、それが年金込みかどうかを確認することです。(企業は強制で従業員の年収の9%を積み立てる)
例えば年収100000ドルの場合
年収(税引き前)91000
年金(9%)9000
です。ちなみに税金で引かれるのは所得税だけです。(が高い!)

また日本と違って、スタッフ部門と、もし入った場合に上司になる人、ここの権限でほぼ採用は決まります。人事はコーディネイトだけですので、採用に関して権限はありません。
ただ、一回オファーを出してからは人事の管轄なので、例えば入社させられなかったら(辞退とか)それは人事の責任になります。
だから最初の面接が一番肝心です。


以上kennyさんのコメントでした。本当に参考になります。私の方でも今後就職活動で気づく点があればレポートしていきます。

それとローレンから連絡があり、月曜か火曜には会社から返事があるだろうと言われました。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-18 18:04 | オーストラリア生活


<< Fitzroy Learnin... ジョブインタビュー(その2) >>