TAFEの授業風景

今回はTAFEの授業風景について書きたいと思います。

私の通うcivilコースはかなりの人数がいます。大体25人から30人くらいでしょうか。そして土木という科目から日本と同じ用に女生徒が少ないです。女生徒は5人くらいですね。見た感じ(喋っているのを聞いた感じ)ほとんどがオーストラリア人です。多分留学生は居ないですね。それにアジア系は私だけです。

それと、これだけの人数なんで大抵の教室で席が足りなくなってます。コンピュータのクラスなんかはコンピュータの取り合いです。こんなに人数が多いのは意外でした。

そして授業の進み方ですが、RMITの場合、事前にウェブサイトから授業のテキストをダウンロードしておき、それに沿って授業が進みます。大抵、プロジェクターやOHPを使って進みます。

生徒は皆気軽に発言します。間違いを恐れていないのが凄いなと思います。先生によってはちゃんと手を上げてからでないと発言を許さない厳しい人も居ます。そういえば、オリエンテーション初日、その厳しい先生の説明の途中、喋っている内容がわからず隣に質問していたら叱られました。『ネイティブだろうが無かろうが差別はしない。ルールは守りなさい!』と。もっともです。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-02-24 20:36 | オーストラリア生活


<< 元気に生きてます コンピュータクラスの小テスト >>