知らないと損する話

今までの経験で『先に知っとけばよかったなー』っていうものをまとめて見ます。


引越関係

・ブランニューアパートメントの電話回線は割高
 ブランニューの場合過去に誰も電話回線を引いていないので自分が引くことになります。これが高い。200ドルくらいします。その後の人からは50ドルくらいなのに。

・無職の間は引越が難しい
 オーストラリアでは大家さんが入居者を決めるため無職の人は選ばれにくい。これ知らずに前の家を解約してから家探しをして苦労しました(1回目はブランニューのため人を選ばなかったみたいなので)。

・電気メータのファイナルリーディングは絶対自分でやること
 退去時には、その前に電気会社に連絡して最終の電気料金清算のためにメータを読んでもらう必要があります(電気会社と待ち合わせしてメータへ案内する)。これを怠ると前の家の請求がずっと続きます。私はこれで失敗しました。前の家のメータの場所がわからず管理人にファイナルリーヂングを任せたところ、管理人が約束をすっぽかし、知らないところでファイナルリーディングがキャンセルされてました。そして3ヵ月後、前の家の電気料金の請求が来ました。今住んでる人の分も含まれて。怒り爆発で電話したんですが、この請求をひっくりかえすことは無理でした。ここにオーストラリアのシステムの悪さがあると思うんですが、電気会社はメータの場所を知りません。だから入居時か退去時にアクセス方法いちいち教えてあげる必要があります。で、最初と最後だけメータを読んで最後の請求で調整するようなんですが、間は推測で電気料金を請求してきます。これはルールのようです。だれも教えてくれないのに知らないとこっちが悪いことになります。気をつけてください。


買い物関係

・レシートは保管すること
電化製品等保障期間のある製品はレシートを取っておかないと、全く保障の効果がありません。日本みたいに購入時の証明シールやハンコを保証書に貼るということはしないのでレシートのみが唯一の購入日時の証明書になります。

・今まで使った日本の携帯がこっちでも使えるかも
simカード式の日本の携帯はこっちで使える可能性があります。中華街でsimロックを解除する中国人がいるのでさがしてみてください。もちろん日本でも出来ます。

・折りたたみ傘がぼろい
日本で小さくて軽い折りたたみ傘を持ってくることをお勧めします。こっちのはぼろいし重い。


また何か気がついたら追加します。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-07-08 09:19 | オーストラリア生活


<< so far so good 1ヶ月経過 >>