もう1年経ちました

もう1年経ちました。ほんと早いですね。とくに会社に入ってからはあっという間に時間が過ぎていきます。

この1年は今までの人生で一番チャレンジングなものでした。間違いなく。来た当初はなーんにも無かったですから。

最初の最初は期待のみ持っていて、見るものすべて新鮮、人も親切、何もかも楽しく感じてました。最初の時点で自分の英語力の低さを思い知らされましたが、どこか楽観的にそのうち改善されるだろう何て考えてました。期待イッパイでしたね。

就職活動を始めてからは、徐々に不安が出てきました。最初2つくらい続けて面接を受けて、この調子なら、なんて思ってましたが、その後は全然ダメ。最後の方は形振り構わず飛び込みで履歴書も配りました。精神的に結構しんどかったです。先が見えないし、前例も知らない。そもそもホントに英語だけの職場で働けるのか?って疑問を持ち始めてました。

でも、決まった時は結構あっさりとしてました。今の会社の面接を受けた次の日には採用の電話貰いました。エージェントを通さずに募集されていたので特に早い対応だったんだと思います。今での不思議なのが、採用された時レフリー(照会者)を求められなかったことです。どこの馬の骨ともわからない外国人をよく採用してくれました。感謝しています。

そして今に至りますが、今でも毎日がチャレンジです。最初は英語が一番の問題だと思ってたんですが、今では技術的にも結構難しいことに挑戦するようになって来ました。以前は技術的に少し舐めてたところがあったんですが、日本とそんなに変わらないレベルの業務が回ってきます。これは予想外でしたが、幸せなことです。スキルを伸ばせるし、充実感もある。それでいて余暇もある。良いバランスの職場環境です。

1年でわかったことも色々あります。
1年では英語がそんなには上達しない。
スキルが相当に重要であること。ポテンシャルではなく実績です。
5時すぐ帰社する人はほとんどいない。思ったよりもずっとオージーは真面目に仕事をする。
仕事のやり方が日本と違い、とにかくスピード重視で、体裁にこだわらない。というか時間内に終わらせるためにはこだわらないことが重要。

辛いこともありましたが、良い1年でした。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-11-04 16:45 | オーストラリア生活


<< コンペの行方は チャンス >>