カテゴリ:永住( 26 )

YouTube最高

面白いね~YouTubeって。最近超ハマってる。

知らない人のために説明すると、世界中の人が動画をアップロードして世界に公開しているウェブサイトがここ。だからその動画がTV番組だったり、自分で作成したものだったり色々ある。かなりレアな映像が見れたりして相当楽しい。

で、これ見てる方、情報交換しましょう。これは面白いって言うの教えて下さい。

自分が面白いと思ったのがこちら。
1)言葉に出来ない
http://www.youtube.com/watch?v=B0d6kddM0rw
笑える

2)funny cats
http://www.youtube.com/watch?v=pIqhUCZgwXQ
これも笑える

3)Canon Rock
http://www.youtube.com/watch?v=hmOBTP0iDqY
超いい曲

4)トツギーノ
http://www.youtube.com/watch?v=hh6jnIcEPhQ
意味わからんのに笑える
[PR]
by bluenori2005 | 2007-01-20 18:57 | 永住

夢のコタツのある生活

メルボルンは寒いです。気温で見るとそうたいしたことないんですが体感温度は日本と同じくらいです。寒いと感じさせる原因に家庭用暖房器具の機能の悪さも関係してるのではないかと思います。日本の様にガスファンヒーターやコタツが無いですから。とくに何でコタツは世界中で日本にしかないんでしょうか?あんな効率的な暖房器具ないですよね。

前置きながかったですが、そのコタツを手に入れちゃいました。mikiのご両親の協力で日本から送ってもらいました。それがこれ↓。コタツがあるだけでココは日本か?と思うほどです。
d0007182_10254336.jpg


使い心地は最高の一言です。改めてmikiのご両親に感謝です。ありがとうございました!

あとコタツは600Wの消費電力なので800~1000w程度(2割増しくらい)の変圧器が必要です。1000wの変圧器はこっちで250ドルしますから、購入を考えてる人はご注意下さいね。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-06-17 10:35 | 永住

出発前夜

ついに出発前日になりました。この1ヶ月は本当にあっという間でした。とにかく忙しくてやらなければいけないことが途切れませんでした。その中でいくつか気づいた点を挙げておきます。

・年末調整を待たずとも税務署で確定申告することで余分に支払っている所得税が帰ってくる。
必要なものは源泉徴収票(退社時にもらえます)だけです。この時源泉は提出してしまうので必要な方は再度会社にもらいましょう。

・国民年金の免除は、申請から確定まで2ヶ月かかると言われるが、1日でも処理できる。
アパートを引き払う前前日くらいに区役所で年金の免除の申請をしたのですが、事情を話すとかなりフレキシブルに対応してくれました。時間がなくてもあきらめずに言うべきです。ちなみに住民票を抜いた(転出届けを出した)日から自動的に年金のカラ期間になります。

・アパホテル
引越しで家に何もなくなった最後の日にアパホテルに滞在しました。かなり安くて快適。お勧め。大浴場あり。


出発前夜の心境ですが、いたって普通です。全然不安がないです。多分今まで海外で生活したことがないんで想像できないからでしょう。うちの妻の留学時のエピソードなんかを聞いていると大変そうだな~っとは思うんですが。その大変さはやっぱり英語力から来てるんだと思うんで、最初の戦略としてはとにかく英語を勉強したいと思います(非常に単純です)。

もう、インターネットカフェの時間来ました。これで、日本で更新する最後のブログになります。次はオーストラリアからのレポートです。これからも日々の悪戦苦闘振りアップしていくつもりですのでお楽しみに。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-10-14 21:49 | 永住

the visa was evidenced

昨日大使館へ提出していたパスポートが帰って来ました。中には永住ビザを証明するシールが貼ってありました。grantレターのときが興奮のピークだったので今回はふーンってなもんでした。

ところで、grantレターにはただ『どこかの大使館でパスポートに永住ビザの認証をもらってください』とあるだけなんで住所なんかは自分で調べないといけません。参考までにちょっとまとめておきます。


オーストラリア大使館(東京)査証課
http://www.dima.australia.or.jp/contact.html
所在地
〒108-8361
東京都港区三田2-1-14

永住ビザの申請は通常郵送で行っているので、直接窓口申請を希望の場合は予約が必要になります。

郵送時の留意点(私の場合)
・追跡可能な方法で郵送する
・返信用封筒も入れておく、これも書留にしておく(書留のハンコとその分の切手を貼る)
・grantレターを入れる
・パスポートをお忘れなく

どうやらyellow-busさんのブログを読むと返信用封筒なしで送っても着払いで帰ってくるようですね。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-09-09 10:09 | 永住

お金について(その1)

永住権を取る為にはお金がかかります。参考までに私の場合の内訳を示します。

IELTS試験 23,100円x5(妻の1回分も含む)=約12万円

技術査定申請 約4万円

VISA申請 約15万円

申請代行(技術査定とVISA) 約32万円

健康診断(2人分) 約5万円

翻訳代 約3万円

書類郵送代(海外) 1200円x10回=約1万円

合計 約75万円(その他もろもろを入れて)

高いですね~。しかし、私の場合はIELTSを3回失敗しているのと申請代行を依頼しているので、それらを除くと半分くらいになります。この申請代行料を高いと思うかは人それぞれでしょうね。私自身は代行をたのんでよかったと思っています。もし1人でやっていたら倍くらいの時間がかかったと思いますから。技術査定用論文の構成や英文のチェックも1人では難しいですし、情報が少ない中で作成する書類に『これで大丈夫』と思えなかったと思います。その道のプロの意見を聞くことで非常に安心感がありました。もちろんその代行業者にもよると思いますが。

これでやっとスタートラインに立ったということですからね~。引越しや仕事が見つかって落ち着くまでの費用はもっとかかります。次はその概算をしたいと思います。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-09-01 23:51 | 永住

The PR visa was granted!!

ついにビザが発給されました!

非常に興奮してます。待ち焦がれたものがやっと手に入りました。最初にIELTSを受けてから1年と8ヶ月、こんなに長くひとつの目標を追いかけたのは初めてでした。無事ビザが取れて良かったです。

今までのタイムラインです。

23/3/2005 エージェントより申請書類を提出
24/3/2005 DIMIAに到着
6/4/2005  ACKNOWLEDGEMENTレターをもらう
30/6/2005 追加資料要請
26/7/2005 追加資料がDIMIAに到着、健診結果もシドニーに到着
25/8/2005 VISA GRANT

長い期間目標だったビザ取得をクリアーした今、次はオーストラリアでどうやって生きていくかです。大変でしょうね。でもその将来の不透明さが楽しみです。知らないから言えるんでしょうけど。。。とにかく今日は妻と祝杯を挙げます。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-08-26 20:40 | 永住

still waiting

Austimelineでよく見るフレーズです。

私も毎日何か動きが無いか待っています。すでに1ヶ月経ちました。動きがなくなるとまただんだん不安になってきます。申請内容に関係ないことで時間を無駄にしてるんじゃないのか?とか。特に追加資料の提出に関しては確認のメールや手紙が来ないので、ちゃんと向こうに届いているか自分で確認しなければなりません。その方法は郵送したときの郵便追跡だけです。自分で送る場合には問題ないですが、健診では病院から送ってもらうことになるので後で送り状の控えをもらうようにしておくことをお勧めします。後になって実は違うところ送ってましたってなったらえらいことですから。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-08-25 23:18 | 永住

車の輸入はあきらめた

wipeさん、jozさんコメントありがとうございます。もしすでに12ヶ月以上所有している車があって、それを非常に気に入っているなら輸入を考える価値がありそうですね。経験談等を見た感じでは、それ以外のケースでは、手間と費用を考えるとあまり得した気分にはならないようです。私は向こうで買うことにしました。


せっかく少し調べたんでオーストラリアでの車の輸入(所有している車を持ち込むのでは無い場合)について少しまとめておきます(あくまでも私の理解です)。


今までの『15年落ち車規準』はその名の通り製造から15年経てば制限無しに輸入可能であった。しかし、安全性や国内産業保護の観点で問題もあるらしくこの規準を無くし、『趣味用車規準』への切り替えを発表した。ただし、すぐに切り替えずに規準移行期間が設けられ、この発表があった2005年2月以前に購入した車に関しては、今年末(2005年12月31日)までは前規準を適用可能である。つまり、(今年2月までに購入していたら)最大で1990年12月に製造された車を今年の12月に制限無しで輸入可能である。

新しい規準では1989年1月以前製造のもの(趣味用車として認識)については 前規準同様制限無しで輸入可能であり、1989年1月以降製造の車に関してはRegistered Automotive Workshop Scheme (RAWS)に示す制限を満足する必要がある。

以下資料です。
オーストラリア運輸省HP(http://www.dotars.gov.au/transreg/vsb/vsb_10.aspx
車の輸入の解説(分かり易い)(http://www.fpi.net.au/mvindex.html
オーストラリアへの輸出コスト(業者HP)(http://www.ciencars.com/au.htm
オーストラリアの中古車検索(jozさん紹介)(http://www.autotrader.com.au/search.asp?TPGSite=1&State=NAT
車輸入体験談(trancosoさん紹介)(http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2941/live01.html
[PR]
by bluenori2005 | 2005-08-03 12:52 | 永住

オーストラリアへの車の輸入は可能か?

一つ前の投稿(コメント内)で話題になった車の輸入について調べているところです。

今のところわかったのが、永住権保持者は12ヶ月以上車を保有している場合は車を持ち込みできるということ。しかし、私の興味はそれ以外の車の持込の可能性です。車を持っていないので、買って即持ち込みが可能かどうかです。

オーストラリア運輸省のHPを読み進むともう少しわかったことがありました。

今まで適用されてきた15年落ち車規準(製造後15年以上の車は制限なしで輸入可能)が無くなり、趣味用の車の輸入規準に統合されるらしい。2005年2月に発表されたため、この発表以前に購入された車については、今年末までは移行期間内として前規準(15年規準)で輸入可能である。

これを見る限り私の場合は15年前の車ですら持ち込むことは無理っぽいですね。もう少し調べてみることにします。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-07-28 01:04 | 永住

追加資料提出完了!!

今日有給取って健康診断に行って来ました。

普通の健診と同じ内容でした。視力測定、検尿、採血、レントゲン、身長、体重、最後に血圧を測ってから問診して終了でした。問診での先生の対応から特に問題はなさそうです。シドニーでの判断しだいですが。

ただ、最後会計になって領収書を見ると二人で約45000円でした。『えー!電話で聞いたときは39000円って教えてもらいましたよ!』と抗議したんですが、担当のおばさん看護士の話では学生ビザ健診の値段と間違えてたらしくこの値段が正しいと言われてしぶしぶ払いました。ちょっとだまされた感があって気分が悪くなりましたが、それでもまだ他より安いと納得することにしました。

そして帰り道に郵便局から以下の資料を送りました。

・フォーム1022
・無犯罪証明書
・健康診断の時もらったレシート
(・雇用証明に関する資料はすでに郵送済み)

これで現時点で私たちが出来ることは完了です。雇用証明の翻訳が残ってるんで後はエージェント任せになります。

それにしても長かった~。最初にIELTSを受けた頃から考えると1年7ヶ月くらい。後はスムーズにビザが下りること祈ります。たのむ~。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-07-14 20:58 | 永住