カテゴリ:英語( 22 )

イングリッシュチャンネル再び

つい先日、イングリッシュチャンネル(インターネット英語学校)に再入会した。こっちに来る直前まで非常にお世話になったこの学校。辞める時はまたお世話になるとは思ってもなかった。だって英語圏に引っ越してんねんから。英語圏から日本の学校を利用するってちょっとカッコ悪いかなって、自分の中で抵抗があったけど、ちょっとでもスピーキングの練習できるってことでやることにした。

で、今で5日くらいやったけど、やっぱイイよ。1クラスの生徒が少ないからかなりしゃべれるし。使い方としては、会話の経験を積む場所って感じかな。出来るだけ発言してスピーキングに対する自信を構築することを目的に続けていこうと思ってる。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-12-28 16:57 | 英語

発音矯正教室

会社負担で通い始めた発音矯正教室。いいですよ。なかなか。

最初のアセスメントを含めて週1時間の全7回で450ドル。なかなかお高い。その7回の内、4回がマンツーマン、残り3回最大5人までのグループレッスンです。私の場合はラッキーな事にそのグループレッスンもたった2人です。

最初のアセスメントで個人の弱点と発音のセオリーを学び、その後の個人レッスンでは、特に個人の弱いところ、グループレッスンでは一般的にノンネイティブの弱いところを練習するといった感じです。

このレッスンの良いところは、個人なのでかゆいところに手が届くこともですが、毎回もらえる復習CDにその回の授業のポイント箇所(実際の授業)が録音されている事が特に良いです。

今まで受けた授業では一番と言ってもいいですが、やっぱり授業を受けるだけでは効果は薄いだろうと思います。後はどれだけ復習するか。これをきっかけに綺麗な英語発音を見に付けたいです。

speechmatters
www.speechmatters.com.au
[PR]
by bluenori2005 | 2006-09-21 20:42 | 英語

オーストラリア英語の発音

明日の初出勤に向けて今さらながら英語の勉強をしています。最近の勉強のテーマは『発音矯正』です。気付いた事を少し。

ご存知の様にオーストラリア英語の発音はアメリカ英語と違います。大きくはこんなところでしょうか。


・have,hatのaが短い

アメリカ英語では『アとエの間の発音でややエに近く長く発音』するのが、こっちでは『アに近く短く発音』です。


・occur、computerのoはオ

アメリカ英語では思い切りアと発音しますが、こちらは文字通りオです。


・rの発音が無いに近い

全然舌巻きません。ただの『あー』です。最後の『る』が無いです。だから、thereを『ぜー』と発音し、bored(退屈な)は『ぼーど』と発音します。

私たちが今まで学校で習った英語はアメリカ英語で、このr(超舌巻きあぉーるぅ)の発音が英語そのものみたいな気がしてました。だから、英語が全然喋れないときにも適当にこのrサウンドを入れて、英語っぽい響きにしようと努力してました。なんとなくこのrサウンドが不要なのは残念です。


・day、mateのaがアイ

『グッダイマイト(Good day mate)』でおなじみですね。アメリカではエイと発音するところをアイといいます。でも絶対というわけでは無さそうです。年配の方に多いのではないでしょうか。詳しいことをご存知の方いましたら教えて下さい。



あと、発音のテキストによれば、rやaを溜めて長めに発音するため、アメリカ英語はスラーの英語、一方それが無いイギリス系英語はスタッカートの英語と呼ばれているようです。これはなるほどと思いました。実際オーストラリア人はタカタカと英語を喋ってます。


これからオーストラリアへ来られる方、早いうちに英語教材をイギリス系のものへ変えることをお勧めします。より正確なリスニングを習得するためには正確な発音をマスターすることが一番だと思います。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-06-04 12:46 | 英語

初AMES

今日からAMES(公立?英語学校)のパートタイムクラスに入りました。

火曜と木曜の夜6時~8時までのクラスです。実はすでに先週に始まってたので今日のクラスが3回目でした。ヤラバレーへ行ってて忘れてました(笑)。

授業は、ビデオを見ながら進みました。難しい単語が出てきたときに先生が解説を入れるという形です。このクラスはアドバンスクラスという事もあって、他の生徒はビックリするくらいペラペラとしゃべってました。ビデオの内容もほぼ理解してるようです。何で来てるのかな?と思います。

本格的な英語の授業を受けるのはこれが初めてでしたが、思ったより厳しくありませんでした。もっと発言させられるかと思ってたんですが、これが全然です。ひたすら先生の話を聞くタイプです。最後10分の隣とのディスカッションが無ければ一言も喋らなかったと思います。ちょっと拍子抜けしました。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-01-31 19:25 | 英語

復活パルトーク(Paltalk)

最近、来た当初は新鮮だった事も日常になってしまいつつあります。やっぱり人間はこんな風に慣れていくんですね。まだ何もしてないのに慣れるも無いけど。。。

ところで、今日久しぶりにパルトーク(Paltalk)に入ってみました(パルトークとはyahooやMSNメッセンジャーのようなメッセンジャーの一つです。要は世界中の人と会話を楽しむ事が出来るソフトです)。ごくたまーにのぞいていたんですが、今日みたいにゆっくり参加したのは2年ぶりくらいです。そして2年ぶりに自分の部屋を開けてみたんですが、結構来てくれました、昔よく話してた人たちが。びっくりです。皆名前を変えたりしてたんで最初分からなかったんですが向こうは覚えててくれました。

また今日だけで新たに5人くらい知り合いが出来ました。オーストラリア人が2人入ってます。そのうち一人はメルボルンでした。なかなか楽しくてしかもスピーキングの練習になるのでこれからもちょくちょくやろうと思いました。

もしこれを見ている人で興味のある方は是非参加してみてください。外国人相手に一緒に英語の練習しましょう。方法はPaltalkのフリーソフトをダウンロードして(http://www.paltalk.com/index.html)、ルームカテゴリー『meet new friends』の中のチャットルーム『Hello from Japan in Aus』です。

英語圏に住んでるのに何でわざわざインターネット?って思うと思うんですが、ホームステイ、日本人以外とのシェア、学校、会社に属していない私はなかなか思ったように英語を使う場面が無いんですね。友達もまだまだ少ないし。こんなんではダメだと少々焦ってます。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-29 19:11 | 英語

オージー英語音源

こっち来て思ったのがオーストラリアってあんまりクリエイティブではありません。英語圏なので、クリエイティブな面ではアメリカに相当依存しています。自分達で作るより、輸入したほうが早いですからね。

でもそのおかげでオーストラリアの生の声って手に入れにくいと思います。何度も聞けて、何を言っているかわかるスクリプトがあるもの。英語教材にしても、DVDにしてもオーストラリア産のものって殆ど無いです。

そんな中でいいのを1つ見つけました。ABCネットワークのHPで色々音源をダウンロードできます。しかもスクリプト付きです。こっちに来る予定の方、是非耳鳴らしにこれを使ってください。

ABCネットワーク
http://www.abc.net.au/

このコーナーが良いです。今こっちはシドニー暴動のことでもちきりです。
http://www.abc.net.au/pm/content/2005/s1529444.htm
右上のMP3をダウンロードできます。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-18 11:22 | 英語

引越し準備

金曜日に追加資料の翻訳も上がりケースオフィサーに郵送が完了したとエージェントから報告がありました。27日の締め切りにはぎりぎり間に合ったようです。また指定病院からも14日の検診結果を20日に郵送したとの連絡をもらったので今ごろはシドニーに到着していると思います。

これを機に、少し気が早いですが引越しの準備をはじめました。そこで、たまった英語教材やペーパーバックをオークションに出品することにしました。全部1円スタートです。興味ある方はヤフーID:maruonoritomoをチェックしてください。

実はものすごく参考書が好きな人間です。本を買っただけでやった気になるタイプです。今でも本屋の英語コーナーでよくうろうろしてます。なぜかたのしいんですよね。その結果ほとんど新品の参考書が結構な数になっちゃいました(笑)。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-07-25 12:43 | 英語

スピーキング対策(その3)

IELTSのスピーキング対策として事前に出来るお勧めの方法がネタ作りです。

何かスピーチをする時は話のネタがいりますよね。日本語ですらネタが無かったら全く言葉が出て来ません。英語だったらなおさら難しくなります。英語は話すという行為だけでかなりの集中力がいるのに、それに加えて同時進行でネタも考えないといけないからです。そこで話すネタだけでも事前にまとめておくと負荷がかなり少なくなるはずです。

私も事前の対策として日本語でネタ作りをしてました。やり方はサンプル問題に対する回答をメモ書きしていくだけです。理想としては英語でメモを作っていけばよいのですが、それではあまりに時間がかかるし(私の場合は)、日本語のほうがポイントを絞った内容にまとめやすかったからです。それに英文を事前につくってしまうとそれを思い出そうとしてたどたどしくなりそうだったので。

私が参考にしたサンプル問題は『IELTS総合講座 佐々木 伸也』の発刊しているメルマガでした。これ残念ながら先日廃刊になっちゃいました。本もまぐまぐ出版(?)から一冊出てたんですけど。まだ売ってるのかはよくわかりません。興味のある方は調べてみてください。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-06-11 21:10 | 英語

スピーキング対策(その2)

前回、人と英語で会話することが効果的な上達方法と書きました。その機会を手に入れるには基本的にはお金が掛かりますが効果は高いです。例えば以前書いたインターネット英会話イングリッシュチャンネルは毎日50分やっても月4000円。NOVAとかのメジャーどころだと1300円/40分~でしょうか(電車の広告を見ただけ)?たまに駅前でチラシを配っている地元の英会話学校だと週一で月謝1.5万ぐらいだと思います。

しかし、無料で英会話する方法もあります。それはメッセンジャーによるボイスチャットです。私も一時期ハマりました。メッセンジャーもいろいろあってMSN、yahooとかは有名ですが私が使っていたのがPaltalkです。シンプルなシステムが気に入って使っていました。ただし日本語の読み書きは出来ません。

ボイスチャットのいいところは友達が出来れば英語での会話が好きなときに好きなだけ出来ます。友達がいなくてもどこかのチャットルームに入ったり、自分でルームを作ればいろんな人と会話できます。友達を作るまで結構根気が要りますが一度試す価値ありです。

スピーキングの上達には時間がかかることを理解し、普段から少しでも英語でしゃべる機会を持って地道にがんばりましょう。自分に言い聞かせてます。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-05-11 12:39 | 英語

スピーキング対策(その1)

久しぶりにIELTS対策に戻ります。最後の関門スピーキングについてです。まずは一般的な話から。

スピーキングの練習は少々お金をかけないと出来ないと思います。それは最も効果的な上達方法が人と会話することであり、その「人と英語で会話」する機会を手に入れるにはお金が掛かるからです。

シャドウイング等一人でぶつぶつとやる方法は手軽だし新しい表現を学んだり会話のための土台作りに必要です。しかし、誰かと「会話」するときの緊張感や脳への刺激は一人でぶつぶつやる場合と全然違います。会話の中で自分の言いたいことを伝えるために搾り出したセンテンスは忘れません。たった1度会話で使うだけで次の時にはすぐにその表現がひらめきます。参考書でもよく見るフレーズですが、新しい表現を覚えたら会話の中で使ってみましょう。自分にもいつも言い聞かせています。

中途半端ですが続きは次回。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-04-20 13:00 | 英語