カテゴリ:オーストラリア生活( 73 )

TAFEの授業風景

今回はTAFEの授業風景について書きたいと思います。

私の通うcivilコースはかなりの人数がいます。大体25人から30人くらいでしょうか。そして土木という科目から日本と同じ用に女生徒が少ないです。女生徒は5人くらいですね。見た感じ(喋っているのを聞いた感じ)ほとんどがオーストラリア人です。多分留学生は居ないですね。それにアジア系は私だけです。

それと、これだけの人数なんで大抵の教室で席が足りなくなってます。コンピュータのクラスなんかはコンピュータの取り合いです。こんなに人数が多いのは意外でした。

そして授業の進み方ですが、RMITの場合、事前にウェブサイトから授業のテキストをダウンロードしておき、それに沿って授業が進みます。大抵、プロジェクターやOHPを使って進みます。

生徒は皆気軽に発言します。間違いを恐れていないのが凄いなと思います。先生によってはちゃんと手を上げてからでないと発言を許さない厳しい人も居ます。そういえば、オリエンテーション初日、その厳しい先生の説明の途中、喋っている内容がわからず隣に質問していたら叱られました。『ネイティブだろうが無かろうが差別はしない。ルールは守りなさい!』と。もっともです。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-02-24 20:36 | オーストラリア生活

コンピュータクラスの小テスト

今日いきなりコンピュータのクラスで小テストがありました。それが結構笑えました。

問1.この業界で一般的なソフトウェアを2つ挙げなさい。

オートキャドとエクセルかな。

問2.この部屋のコンピュータはスタンドアローンかネットワークか?

そらネットワークでしょ。超簡単。

問3.目の前のコンピュータを細かくスケッチしなさい。

えっ!何だそれっ(笑)。

文章をよく読むとどうやらパソコンの各パーツ(モニターとか本体とかキーボードとか)の区別がついているかを試しているようです。皆カリカリとスケッチしてました(笑)。

その後の問題は、メールのアドレスや、CD-R、WindowsXPとかの定義を書くものでした。はっきり言って超簡単です。問題があるとしたら英語のセンテンスくらいです。

でも、中にはパソコンに詳しくなくて苦労してる人もいました。特に隣の子はテスト中ずっと答えを聞いて来ました。テストなのに(笑)。

こんな感じで初の小テストが終わりました。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-02-21 20:58 | オーストラリア生活

TAFEが始まりました

先週からTAFEに通い始めました。

フルタイムということでびっしりとクラスが詰まっているのかと思っていたのですが、週4日で忙しい日でも10時30分から5時までと割とゆとりのあるスケジュールです。最初の一週間はオリエンテーション週間で、各クラスの進め方の説明等で時間も短めで終わってましたが、今日からはやっと本格的に授業が始まりました。宿題も出てます。今から忙しくなりそうな雰囲気になってきました。

参考までに、RMIT TAFEのCIVILエンジニアコース内容(セメスター1)を紹介します。
・Site Investigation
・Materials
・Concrete
・Estimating
・CAD
・ビジネスライティング、プレゼンテーション
・Maths
・ビジネスソフト
・鋼構造
・建設学

内容は超基本からのスタートです。ただ内容は簡単でも英語での授業は大変ですね。先生の言ってる事があんまりわかりません。予備知識があるのでまだ良いのですが、もし新しいことを英語で学ぶならかなりの苦労でしょう。留学生はスゴイと思います。

とにかくTAFEでの目標は、専門用語に精通すること、オーストラリアのトレンドを知ること、それとコネ作りです。就職活動はしばらく休んでセメスター1はきっちりと終わらせようと思ってます。その頃に何か見えてきたらいいんですが。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-02-21 20:24 | オーストラリア生活

あやしい雲行き

今日、就職エージェントのラセルから前回の役所との面接の結果が返ってきました。

答えは『ノー』。

やっぱりダメでしたね。

今回は全然期待していなかったので、平行して他にもいくつか履歴書を送っているのですが返事がありません。違う手を打つ必要がありそうです。

オプションは
・希望職種の幅を広げる
・希望勤務先の範囲を広げる
・直接電話or飛び込み
といったところです。

それと2月からTAFEです。ここでネットワークを広げようと思います。

先は長そうですが、やるしかないです。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-01-16 16:44 | オーストラリア生活

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします。

昨日の夜はカウントダウン花火を見にヤラ川へ行って来ました。で、実際は何の合図も無く突然花火が上がり年が明けたことが分かったって感じです。『3・2・1・ドーン』みたいなのを期待していたのが『ドーン。あれっ?明けた?』見たいな感じでしたね(笑)。でも花火自体は日本の物と変わらない素晴らしいものでした。満足です。

d0007182_2332926.jpg

綺麗な花火でした。写真が上手くなりたい。。。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-01-01 23:03 | オーストラリア生活

すごいぞ日本文化

オーストラリアの人って気さくですね。前の投稿を書いたあとブライアンとジム(ブライアンのシェアメイト。ずっとティムだと思っていたけどジムでした。)に誘われて近所のパブへ行ってきたんですが、そこでほんと自然に友達が出来ました。バーで飲んでると普通にみんな声を掛けてきます。中にすごい日本ファンがいて色々話が盛り上がりました。そしてその友達も紹介してくれたんですが、その友達はNOVAティーチャーしてたそうです。2年間東京でNOVAで働いていてビザが切れたから帰ってきたって言ってました。しかもワーキングホリデービザ。日本も有るんですかね。初めて聞きました。1年半有効だったって言ってましたけど。

他にも背中に『阪神タイガース』って書いたTシャツ着た人が、このチームは強いの?って聞いて来ました。ベストチームって答えておきました。メルボルンで買ったそうですが。何にしても日本語や日本のアニメがクールだそうです。単純に嬉しかったですね。確かに街でよく日本語Tシャツを見ます。でもおかしいのはローマ字で日本の都市名が書いたのヤツ、例えば『HOKKAIDOU』とか『OSAKA』とか。これはクールじゃないですよね(笑)。

d0007182_23431235.jpg

ちょっと前に取った写真。4人日本人で5人中国人。区別付くかな?前の2人がジム(左)とブライアン(右)。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-29 23:38 | オーストラリア生活

メリークリスマス

メリークリスマス!でもやっぱり暑いクリスマスは変です。

昨日のクリスマスイブまたライブへ行って来ました。前回同様中国人バンドを見に。残念ながら練習ができなかったという事でブライアン(同じ階に住む中国人)は参加しないという事でした。

この日も彼等のバンドの時が一番盛り上がってましたね。彼等のスーパーテクニックは誰が見ても楽しめるんでしょう。大いに盛り上がってました。そして、この日このバンドのボーカルが21歳(若!)の誕生日だったらしくクリスマスケーキを用意していてみんなで『ハッピーバースデー』を合唱したり、ギタリストやボーカルが観客の方へ飛び出してのパフォーマンスで皆かなりの興奮状態でした。そしてそのピークで、ドサクサに紛れてなんとあのブライアンがステージへ乱入!頭振りまくってギター弾いてました。私達も超興奮(笑)。相当楽しかったです。

d0007182_9581152.jpg

歯で弾いてます。しかもしっかり音出てます。どうやってるんでしょう?
d0007182_95920100.jpg

ボーカルがステージを飛び出してバーカウンターへ上ってます。
d0007182_101785.jpg

そしてブライアン(右側)乱入。盛り上がってます。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-25 10:01 | オーストラリア生活

やっぱダメでした

今ローレンから連絡があって『今のところ私のような経歴の人間は必要ない』と正式に連絡があったようです。まあこれだけ待ったので無理だろうなとは思ってたんですが残念。来年の頭からはもう少し本格的に活動を行うつもりです。

それにしてもローレンはこっちが英語下手なのを知ってるはずなのに超早口です。わからんっつーの。結構問題です。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-15 15:38 | オーストラリア生活

ラーニングセンターの卒業式

昨日の14日お世話になったフィッツロイラーニングセンターの卒業式がありました。非常に短い間でしたが、先生やボランティアの方、そして他の生徒達にも良くしてもらってホントに感謝してます。居場所があるっていうことが非常に心地の良い事だって改めて思いました。

この卒業式はフィッツロイのタウンホールで行われ、各クラスを修了した人に賞状が渡されます。そしてそのあとラーニングセンターの方(タウンホールの隣)へ行ってちょっとしたパーティーが行われました。私達も感謝の気持ちをこめてSUSHIを作っていきました。美味しかったのかは謎のままですが。持ち寄った食事とビール、ワインもあってかなり楽しめました。最後は皆に挨拶して会場を後にしました。またいつか遊びに行きたいと思います。

d0007182_1357554.jpg

結構沢山の人が参加しました
d0007182_1358215.jpg

卒業賞証をもらいました
d0007182_13583225.jpg

パーティー会場
結構混雑してます
d0007182_135924.jpg

バンドとダンスのパフォーマンスもありました
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-15 14:01 | オーストラリア生活

ライブ

最近同じアパートに若い友人が出来ました。香港出身のブライアン(20)とティム(18)というのですが、AMESの説明会に行った時にブライアンを見つけ(アパートで顔を見たことがあった)、声をかけたのがきっかけでした。彼等を見ていると日本人と何にも変わらないなと思います。ファッションもそうだし、聞いてる音楽も同じです。彼女の自慢がしたいらしくプリクラを見せてくれました。この辺も同じですよね。

仲良くなった次の日にはブライアンがライブに連れて行ってくれました。ブランスウィックストリートにあるライブハウスで彼の友人がプレイするから一緒に行こうということでした。行ったのが9時だったんですが、そのバンドが始まるのが11時20分。それまでに2つの地元バンドが演奏しました。

まず1組目は、明らかにニルバーナに影響を受けたようなグランジロックでした。最後ボーカルとギターが自らの演奏に陶酔してばったり倒れて終了。正直退屈でした。そして2組目は、トラディショナルな骨太ハードロックでした。かなりテクニカルな演奏で歌も上手く割と楽しめました。オージーはロック好きですね。

そして待ちに待った(すでにビール4杯飲むほど待った)バンドの登場です。全員中国人で、この中で特に目立っていたのが、ボーカルとギタリストです。というのも、ボーカルは完全にスラッシュなんですよ。ガンズの。あの目まで隠すボンバーヘッドとイカツイ体でとてもアジア人には見えなかったです。ボーカルの持つギターもスラッシュのトレードマークのレスポールです。でもギタリストはもっと凄かった。完全にイングヴェイ・マルムスティーン(90年台前半に活躍した世界最速ギタリスト)。殆どの人は分からないと思いますが、アルフィーの高見沢を想像してください。あんな感じのヴィジュアルです。しかも小さくてメチャ幼い顔立ちです。20歳くらいでしょうか。もっと若く見えましたが。彼から目が離せませんでした。

演奏はと言うと、そのビジュアルに引けを取らず強烈でした。とてつもなくテクニカルでした。ギターはその演奏スタイルも完全にイングヴェイで、クラシカルな超早弾。今まであんな早いの見た事無かったです。ボーカルもギター弾くんですがこれまた早い。二人で早弾き合戦です。ボーカルの声はシャウトボイス(Xジャパンのトシみたいな感じ)でしたが残念ながら声量はそんなに無かったです。でもその圧倒的な演奏力で観客を引き込みました。間違いなく一番盛り上がってました。どうやらコピー曲中心にやってるようなので皆で合唱するシーンもありました。皆で手とか上げて。演奏も最高に盛り上がってきたところで色々魅せてくれました。歯でギター弾いたり、ギターをくるくると回したり。凄いのがボーカルとギターがお互いのギターフレットを押さえあって弾くのがあって見入ってしまいました。とにかく色々な面で見所満載だったライブでした。ブライアンはと言うと頭振りすぎで首いたいって言ってました。

ところで、このブライアンの行動力には驚かされるんですが、なんとクリスマスイブにこのバンドに参加してライブをするそうです。クリスマスに一つ楽しみが出来ました。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-12-12 09:10 | オーストラリア生活