<   2005年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ヨーロピアンのレセプション

アダムの招待でメルボルン大学の学会レセプションへ行って来ました。正直行く直前にやめとこかな~って臆病風に吹かれたんですが、勇気を持って行って良かったです。かなり楽しめました。

レセプションはヨーロッパの政治に関する学会のもので、アジア人は一人も居ません。ここメルボルンではアジア人は全然目立たない(場所によってはアジア人ばかり)んですが、この場では結構目立ってました。余計緊張して二人で隅っこに居たんですがアダムのおかげで色々な人と話すことが出来ました。一旦酒が入ると皆陽気で、またこっちも気が大きくなってたんで非常に楽しく過ごすことが出来ました。お酒は口を滑らかにしますね。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-30 19:17 | オーストラリア生活

少しずつ広がる友達の輪

最近人と会うことが増えてきました。日本人の知り合いも出来たし、オージーや外国人の知り合いも出来ました。中にはすぐに打ち解けることが出来る人たちもいて、ちょっとずつですが友達の輪が広がって来たなって感じてます。やはりどこかのコミュニティに入るのが友達を増やす一番の方法ですね。フィツロイラーニングセンターに参加してよかったです。今ではホントに居心地良くてすっかりクラスの一員です。

ところで、ここラーニングセンターで、これまた親切な人との出会いがありました。アダムというボランティアの人なんですが、先日チラッと今度のジョブインタビューについて話したら『よし、じゃあオレが練習相手になってやるよ』と、休み時間に話を聞いてくれました。まあそれくらいだったら普通に親切な人なんですが、彼は『明日の仕事に行く前に朝8時半からクラスが始まるまで喫茶店でコーヒー飲みながら練習相手になってやるよ』と提案してくれました。彼は月曜日以外は仕事でボランティアに来ていないのに。そして今朝、アダムとその彼女ペニーも一緒に練習に付き合ってもらいました。彼らとの話の中でkennyさんのアドバイスとも似ていたのが、『質問に答えるだけではダメ。自分からも質問しろ。』と言っていました。やっぱり面接官とコミュニケートしないといけないということなんでしょうね。肝に銘じておきます。

そして明日も会話の実践練習のためにと、彼の勤めるメルボルン大学の政治学関係の学会のレセプションに呼んでくれてます。ちょっとレベルが高すぎますが、ワインのみがてらトライしてみます。それにしても親切なアダムに感謝です。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-29 20:22 | オーストラリア生活

決戦は木曜日

やっと就職活動が前に進みました。来週の木曜日、12月1日にジョブインタビューに行くことに決まりました。例のグローバルエンジニアリング会社の一つです。アメリカ発で日本にも支店があります。実際に日程が決まって少しビビッてます。ダメモトでがんばります。

それと今日、なかなか就職出来ない場合のために申し込んでいたTAFEの入学が許可されました。随分と前にオンラインで申し込んで、過去の経歴を書いた書類を一枚提出しただけだったんで(証明書等は一切無し)不備があるかと思ってたんですが、通ったみたいです。RMITのCivilデザインのコースで2年でAdvanced Diplomaがもらえるものです。とりあえず進む道が一つ確保できたので少し安心です。

話は変わりますが、今日DVDとビデオが一体のデッキを買いました。『JB Hi-Fi』と言う店で買ったんですが、ここは良いところでした。店員も親切で、商品にも精通してます。今日初めて知ったのですが、リージョンコード2(日本)のDVDは、オーストラリアのデッキでは再生できません。でも裏技で少しデッキを操作するとリージョンフリーになるんです。ホントに裏技なんですよ。ファミコンの裏技みたいに。『イジェクトボタンを押して、数字の1を押して、8を押して、そして再生ボタンを押してから電源を切る』みたいな感じです。実際これで日本から持ってきたDVDを再生することが出来ました(裏技前はエラーになっていたのに)。

もう一つうれしかったのが、店頭やチラシの値段よりかなり安くしてくれることです。こんなやり方だとお客が他に流れそうですが。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-24 19:44 | オーストラリア生活

テレビを手に入れた

今のアパートに引っ越してきてからずっとテレビ無しの生活でした。そして今日やっと帰国セールでテレビを手に入れました。これまた日本製のSANYOです。無けりゃ無いで慣れてたんですが、あるとずっと見てしまいますね。一日テレビ見てました。そして頭痛になりました(笑)。

ところで就職活動なんですが、一向に進展なしです。明日どうなっているのかローレンに連絡しようと思います。

d0007182_19533418.jpg

セントキルダロード横で見つけた素晴らしく綺麗な公園
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-23 19:55 | オーストラリア生活

ラーニングセンター2日目

今日もフィッツロイのラーニングセンターへ行って授業を受けてきました。

昨日より生徒数が多かったです。それに加え実習のために3人地元の女子高生も加わって大部屋はかなりの人口密度でした。

その実習生からの質問でみんなの出身地がわかりました。クロアチア、ソマリア、中国、日本、エジプト、アフリカ、韓国、チリ、アフガニスタン、エチオピア、スーダン、ベトナム、パキスタン、ギニアだそうです。すごいですね。ほんと多国籍な空間です。

それと思ったのが、皆書くのと読むのが遅いんです。しゃべりの方はなかなかなのにスペルとかあまり知らないようです。だからセンテンスを書く課題の時には私達がダントツに早いんですね。

授業のあとはコミュニティーランチというランチタイムがありました。2ドルでラザニアとパンを皆で食べました。名前からしてみんなでワイワイと話ながらランチを食べるのかと思いきゃ食べたら皆すぐに帰っていきます。結構さっぱりしてました。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-22 15:36 | オーストラリア生活

Fitzroy Learning Centre

今日は、Fitzroy Learning Centreで英語の授業を受けてきました。

ここはネイバーフッドハウスとほとんど同じなんですが、少しESLやコンピュータのクラスが充実してるようです。先日インタビューを受けていて、一度授業を受けて良ければ授業料を払って正式に参加しなさいといわれていました。授業料といっても1ターム(3ヶ月)で70ドル。週3回なので1回(2時間半)の授業料が2ドル程度ですね。安いです。また今のタームが12月で終わるので半分の授業料で良いと言われました。

授業ですが、大体15人くらいいました。しかし、その国籍は様々です。イラク、アフガニスタン、スーダン、韓国、中国等、特に難民の方が多いのが特徴的でした。インタビューの時にも難民の人が結構いると聞いていて、少し影のある暗い人達なんではないかと思っていたんですが、全くそんなことはありませんでした。みんなめちゃめちゃ明るいんですよ。笑いが絶えない授業でした。やさしい人ばかりで気に入りました。正式に参加しようと決めました。明日の授業が楽しみです。

ところで、就職活動の方ですが、今日はローレンから連絡ありませんでした。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-21 18:50 | オーストラリア生活

面接対策

昨日の晩から面接の対策を始めました。聞かれそうな質問とその回答の用意です。

そして、今日kennyさんが素晴らしいTipsと質問例を教えて下さいました。本文の方でも紹介しておきます。kennyさん本当に有難うございます。

よくある質問は、
1. なぜ豪州に移住してきたのか?
2.今までの会社の退職理由 (転職回数は正当な理由があれば、全く問題になりません。多い人は、他から引き抜かれたのか?との質問が出ることがあります。その場合はそうと言っといた方が評価が上がる)
3. 自分のキャリアの売りの部分の説明
4. 今まででの最大の実績の説明
5. 今までで、仕事で大失敗したこと、及びどのように解決したか
6. マネージメント経験
7. 小さい組織、大きい組織それそれの長所、短所
8. どうやって(その会社に)貢献できるか?
9. プレッシャーに耐えられるか?
10.学校の成績
11.チームワークで仕事を進めることができるか?

などです。
候補者と面接側が対等であろうと努力する場所なので、日本の面接とはちょっと違ったリラックスムードで行われます。「何を飲む?」ってまず聞かれますよ多分。足を組んでも全然大丈夫です。
また、業界によって違うかもしれませんが、金融以外はスーツで面接を受けなくてもいいような気がします。私はITですが、ソフトカジュアル程度でした。


また、これは重要ですが、年俸の話は先方が切り出すまで絶対にしないこと。自分からいくら欲しいとは言わないこと。これをやると確実に落ちます。

先方が年俸の話をしてきた場合には、それが年金込みかどうかを確認することです。(企業は強制で従業員の年収の9%を積み立てる)
例えば年収100000ドルの場合
年収(税引き前)91000
年金(9%)9000
です。ちなみに税金で引かれるのは所得税だけです。(が高い!)

また日本と違って、スタッフ部門と、もし入った場合に上司になる人、ここの権限でほぼ採用は決まります。人事はコーディネイトだけですので、採用に関して権限はありません。
ただ、一回オファーを出してからは人事の管轄なので、例えば入社させられなかったら(辞退とか)それは人事の責任になります。
だから最初の面接が一番肝心です。


以上kennyさんのコメントでした。本当に参考になります。私の方でも今後就職活動で気づく点があればレポートしていきます。

それとローレンから連絡があり、月曜か火曜には会社から返事があるだろうと言われました。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-18 18:04 | オーストラリア生活

ジョブインタビュー(その2)

昨日ブログに書いた会社リストが今朝届きました。3件有ったんですが、ローカル企業ではなく、どれも超大手でワールドワイドな会社のようです。ローレンが今その3件に掛け合ってくれているそうです。どんな反応があるんでしょうか。

正直厳しい戦いになりそうですが、とにかく最初から上手くいくはずは無いので当ってくだけろです。どんな展開になるか良くわからないんですが、kennyさんに言われたように面接の準備をしておこうと思います。専門用語の暗記と面接のロールプレイをミキとやっておこうと思います。

また明日の午後ローレンが進捗状況を教えてくれるそうです。緊張。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-17 19:45 | オーストラリア生活

ジョブインタビュー

急な展開で今日ジョブインタビューを受けました。というのも昨晩何気なく仕事検索サイトを見ていて見つけた人材紹介会社へ送ったCVに対して『大変興味がある』と電話があったからです。正直返事すらないだろうと思っていたのでちょっとびっくりしました。

約束の3時にセントキルダロード沿いのオフィスへ行き、電話をくれたローレン(女性)と面接しました。自分の英語のまずさから、いつ『あなたの英語ではちょっと。。。』という言葉が出るのか冷や冷やしながら面接を受けたんですが、最後までその言葉が出てきませんでした。しかも、私の専門である『橋梁技術者』は、メルボルンにあまり居ないので、会社が欲しがる職種だそうです。面接後、夕方にでも、『橋梁技術者』を欲しがっている会社のリストを送るので、その中から気に入ったのを選んでくれれば、その会社と面接の段取りを付けると。そして、明日また電話すると言って帰って来ました。話が出来すぎなので、逆に不安です。実際、今日の夕方にリストは届きませんでした。なんででしょうか。聞き間違えでしょうか。明日わかります。

それともう一つ、先日ちょこっと書いた、ドアのペンキの塗り替えの日でした。当初2人で家に居るつもりだったのですが、私が面接に行ったのでミキが一人で留守番でした。ミキの話では、ビルダーのおっさんペンキを塗った後ドアを開けっ放しにして乾かすと言い出したらしく、一日部屋丸見え状態で居る羽目になったようです。意外に部屋の前を人が通るらしく、『ハロー!』『ハイ!』ってめんどくさかったみたいです。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-16 19:36 | オーストラリア生活

休み突入直前

今、参加できそうなコミュニティを探しています。クラスでもいいしソーシャルグループでもいいnですが、これが結構難しいことがわかってきました。というのも年末に向けてほとんどのクラスが終了しかけです。ネイバーフッドハウスも同じく今週か来週で終了しそうです。どうしたものか。
[PR]
by bluenori2005 | 2005-11-15 19:33 | オーストラリア生活