<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

会社でいじめはあるか?(追加あり)

今週新入社員研修がありました。会社の概要、職場での注意事項の説明でした。

特に職場でのいじめ、差別、ハラスメントに関しては相当細かい事まで言及していました。

例えば、会社の中のチームで皆で飲みに行く計画をしているのに自分だけが誘われなかった場合、それはいじめになります。

こんな具体的な例を挙げたビデオを見て皆で議論する形で講義が進みました。ポイントだったのが『本人の受け取り方がすべてということ。例え悪気が無くても、受けた本人がそれをいじめ、差別、ハラスメントと思った時それはいじめ、差別、ハラスメントである。』ということでした。マルチカルチャーなオーストラリアでは人の受け取り方もそれぞれなので余計に難しい問題です。とにかく仕事に不必要なことはしない言わない方がいいですね。そして皆を平等に扱うことが大切だと思いました。

もし、居心地が悪い、いじめを受けていると思ったらすぐにその問題を上司に報告すること、そして上司を含めた当人同士の話し合いで解決することと締め括ってました。


中途半端だったので続きです。

実際のところ、いじめ、差別はあるのか?ですが、オーストラリアに来てからいじめ、差別を受けたと思ったことはありません。でも、差別を受けたという人は何人か居ました。私も会ったことないだけで本当に差別する人は居ると思います。シドニー暴動もありましたし。でも面と向かってわかるほどの差別をする人は殆ど居ないと思います。だから、たまに聞く『差別を受けた』というのは、言葉のせい、文化の違いから来る誤解なんじゃ無いかと想像してます。でも、会社の講義内容からすれば、その文化の違いも踏まえて相手が不愉快になることはしてはいけないはずなんですが。

経験的に日本流に沈黙を美徳としていると、オーストラリア人からすればただのミステリアスで退屈な人に写ると思います。自分がどんな人間か見せない限り、相手も心を開いてくれないでしょう。日本的な沈黙の文化(勝手にこんなこと言ってますが)プラス言葉の問題が、お互いの距離を広くしてしまっているケースもあるんじゃないかなって思います。

だから、少々の言葉の壁や文化の違いも、積極的に巻き込まれていく、自分をアピールすることで問題じゃなくなると思います。私も日本に居る時よりも、時に無理してテンション上げています。そうして無理してでもコミュニケーションしていかないとオージーは理解してくれないですから。あんまり喋りたくない時もありますが、エイヤッて大きな声で発言すると気分が一気に上がったりします。最近はその負荷が少なくなってきているのを感じてます。明らかに以前より楽しくなってます。

コミュニケーションは大事だと益々思うこのごろです。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-07-29 08:52 | 会社

so far so good

順調です。会社に慣れてきて生活が楽しくなってきました。今の会社はほんと居心地がいいです。たのむからクビにしないで欲しいと願うこのごろです。

話が変わりますが、今度メルボルン大学で開催されるアニメフェスティバルに参加します。今一番仲良い友達が大の日本ファンで、一緒に行こうと誘ってくれました。世界中で開催されてるアニメフェスティバル。どんなものなのか興味有ります。

うわさには聞いてましたが、改めて日本のアニメの人気の高さに驚いてます。TVでもよく放送されるし、レンタルビデオ屋でも借りれます。面白いのが『GTO』が人気あることです。あれって日本の若者文化を知らないとつまらないと思うんですが、それでも映像や主人公のハチャメチャ振りが面白いみたいです。

日本はクリエイティブな国ですね。アニメ、車、電化製品等日本製品だらけ。会社でもコピ機や文房具とかも日本製で、日本語書いてあるのを見て不思議な気分です。外から見ると日本はスーパーファクトリーですね。あの小さい島からこんなに沢山の製品、しかも世界が欲しがる製品が生まれているなんて。日本は光ってますよ。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-07-22 09:44 | オーストラリア生活

知らないと損する話

今までの経験で『先に知っとけばよかったなー』っていうものをまとめて見ます。


引越関係

・ブランニューアパートメントの電話回線は割高
 ブランニューの場合過去に誰も電話回線を引いていないので自分が引くことになります。これが高い。200ドルくらいします。その後の人からは50ドルくらいなのに。

・無職の間は引越が難しい
 オーストラリアでは大家さんが入居者を決めるため無職の人は選ばれにくい。これ知らずに前の家を解約してから家探しをして苦労しました(1回目はブランニューのため人を選ばなかったみたいなので)。

・電気メータのファイナルリーディングは絶対自分でやること
 退去時には、その前に電気会社に連絡して最終の電気料金清算のためにメータを読んでもらう必要があります(電気会社と待ち合わせしてメータへ案内する)。これを怠ると前の家の請求がずっと続きます。私はこれで失敗しました。前の家のメータの場所がわからず管理人にファイナルリーヂングを任せたところ、管理人が約束をすっぽかし、知らないところでファイナルリーディングがキャンセルされてました。そして3ヵ月後、前の家の電気料金の請求が来ました。今住んでる人の分も含まれて。怒り爆発で電話したんですが、この請求をひっくりかえすことは無理でした。ここにオーストラリアのシステムの悪さがあると思うんですが、電気会社はメータの場所を知りません。だから入居時か退去時にアクセス方法いちいち教えてあげる必要があります。で、最初と最後だけメータを読んで最後の請求で調整するようなんですが、間は推測で電気料金を請求してきます。これはルールのようです。だれも教えてくれないのに知らないとこっちが悪いことになります。気をつけてください。


買い物関係

・レシートは保管すること
電化製品等保障期間のある製品はレシートを取っておかないと、全く保障の効果がありません。日本みたいに購入時の証明シールやハンコを保証書に貼るということはしないのでレシートのみが唯一の購入日時の証明書になります。

・今まで使った日本の携帯がこっちでも使えるかも
simカード式の日本の携帯はこっちで使える可能性があります。中華街でsimロックを解除する中国人がいるのでさがしてみてください。もちろん日本でも出来ます。

・折りたたみ傘がぼろい
日本で小さくて軽い折りたたみ傘を持ってくることをお勧めします。こっちのはぼろいし重い。


また何か気がついたら追加します。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-07-08 09:19 | オーストラリア生活

1ヶ月経過

早いものでもう一ヶ月経ちました。この一ヶ月で気付いたことを少し。

・朝が早い
会社は8時半から5時15分までが定時(金曜は4時半まで)になります。最初は朝15分前に出社してたんですが、みんな既に居るんですよね。仕事が少し忙しくなってきたので少しずつ出社時間を早くしていったところ、かなりの人が8時前には来てることがわかりました。日本ではフレックスやなんだで9時半とか10時に行ってたので少し驚きです。恐らく残業をしないためこうなってるんだと思います。

・やたらイベントが多い
モーニングティー、バースデー、月末慰労会等週に1回くらいは何かイベントがありお菓子やピザ、ビール等が無料で提供されます。昨日はその月末慰労会でした。ビール飲んでくじ引き(有料)するんですが一等デジカメ、二等IPODナノなんて結構いい景品です。景気いいですね。

・仕事は基礎力が問われる
仕事の内容は日本でもやっていた橋梁の構造デザインです。でも、それを日本とオーストラリアで比較すると、やはり日本は随分と進んでると思います。進みすぎなのかな?というのは、日本では設計計算を行う時、その殆どをパソコンのソフトでやってしまうからです。気をつけるのはデータ入力で後は自動的に結果が出てきます。オーストラリアではここまで便利なものは無いです。基本的なソフトはあっても具体的な部材の計算までしてくれるものはありません。そうなると後は手計算かエクセルでやるしかありません。地震が無い国なのでそこまで複雑な計算は必要ないですが、計算を1から10まで自分でやるという事は、そうとう安定した基礎力が必要になります。


今のところコミュニケーション以外は能力的に問題なさそうです。ただ思った以上に忙しいですが。
[PR]
by bluenori2005 | 2006-07-01 08:40 | 会社